【昨日は人の身、今日は我が身】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】

昨日は人の身、今日は我が身

「昨日は人の上、今日は我が上」と表すこともあります。また、このことわざは基本的には戒めの意味で使う事が多いですので、「悪い事や災難」に対して表現されがちです。

【読み方】

きのうはひとのみ、きょうはわがみ

【意味】

人の運命はいつどのように変わるか予測できないものであって、災難はいつ誰の身に降りかかってくるか予測できないものだという事。他人事だとと思わず用心すべきという事。

【語源・由来】

昨日他人に降りかかった災難が、今日は自分の身に降りかかってくるかもしれない事から。

【類義語】
・浮世は回り持ち
・今日は人の上、明日は我が身の上
・人の上に吹く風は我が身に当たる
・人の事は我の事

【英語訳】
・Today you, tomorrow me.
・What chances to one man may happen to all.

【スポンサーリンク】

「昨日は人の身、今日は我が身」の使い方

健太
ねえ、聞いてよ。昨日の夕方頃、のんびり音楽を聴きながら散歩していたら、道路の側溝に落ちてしまったんだ。
ともこ
それは災難だったわね。どこかぶつけたり、ケガをしていないかしら?
健太
心配ありがとう。幸い、かすり傷程度で済んだよ。薄暗い時間帯は、油断していると危ないね。
ともこ
そうね、私も昨日は人の身、今日は我が身と思って、気をつけるようにするわ。

「昨日は人の身、今日は我が身」の例文

  1. 彼は帰宅中に交通事故に遭い、大けがをしてしまったらしい。昨日は人の身、今日は我が身なので、自分も気をつけよう。
  2. 彼女の失敗を君は笑うけれども、昨日は人の身、今日は我が身だと思って危機感を持っていた方が良いと思うよ。
  3. まさか自分もインフルエンザにかかってしまうだなんて、昨日は人の身、今日は我が身を思い知らされたよ。
  4. 几帳面な彼女の家に空き巣が入ったらしい。戸締まりをしっかりしても泥棒に入られてしまうなら、昨日は人の身、今日は我が身かもしれないな。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事