【事によると】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
事によると

【読み方】
ことによると

【意味】
考えられるいくつもの事態の一つという事で、ひょっとして。もしかすると。

【スポンサーリンク】

「事によると」の使い方

健太
ともこちゃん。立ち止まってどうしたの?事によると、ともこちゃんは虫が嫌いなのかな?
ともこ
・・・大嫌いではないけれど、こんなにたくさんの毛虫がいたら、誰だって気持ちが悪いじゃないの。
健太
そうかな?フニフニ動いてかわいいじゃないか。あっ、ともこちゃん、そこから離れないと、毛虫は木の上から落ちてきているみたいだよ。
ともこ
ひいぃー。毛虫が落ちてくるなんて怖い話やめてー。

「事によると」の例文

  1. 事によると、健太くんは、また私をだまそうとしているんじゃないかと思ったのよ。
  2. 雨雲が広がってきた。事によると、運動会は中止になるかもしれない。
  3. 事によると、ともこちゃんと僕との話は、どこかで聞かれていたのかもしれない、じゃないとこの話が漏れるわけがない。
  4. 事によると、君はぜひ私の口からそれが聞きたいのかもしれない、それなら、聞かせてあげようじゃないか。
  5. この雨の降り方では、事によると、蒔いたばかりの種が土の外に流れてしまっているかもしれないから様子を見に行こう。
  6. 事によると、この国の中枢にスパイが数人入り込んでいるのかもしれません。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事