【口は禍の門】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】

口は禍の門

【読み方】

くちはわざわいのかど

【意味】

不用意な発言は身を滅ぼす要因になるため、発する言葉は十分に慎むべきだという事。
何気なく言った言葉が元で災難を招き、身を滅ぼすこともあるので、発言をする際には慎重にすべきだという事。

【語源・由来】

中国の類書『古今事文類集・後集』より、「口は是れ禍の門、舌は是れ身を斬るの刀なり(うかつなことを言うと禍が起きる、舌は槍よりも多く身を傷つける)」という記述から。

【類義語】
・蛙は口から呑まれる
・雉も鳴かずば撃たれまい
・口は善悪の門
・口は災いの元
・三寸の舌に五尺の身を亡ぼす
・舌は禍の根
・多言は身を害す
・沈黙は金、雄弁は銀
・物言えば唇寒し秋の風
・病は口より入り禍は口より出ず
・禍は口から

【対義語】

【英語訳】
・Out of the mouth comes evil.
・More have repented speech than silence.

「門」は「もん」とも読むことがあります。また「口は災いの門」と表しても、誤りではありません。ですが、「門」を「角」と書くのは誤りなので、注意が必要です。

「口は禍の門」の使い方

健太
国語担当の◯◯先生っているでしょ?この前、駅前で見かけたんだ。
ともこ
そうなんだ。あの先生はこの辺りが近所だと言っていたしね。
健太
しかも、先生一人じゃなくって、恋人らしき人と一緒に歩いていたんだ。直接あの人は誰だったのか聞いてみようかな。
ともこ
余計な事は言わない方が良いわ。口は禍の門だということを肝に銘じておいた方が良いわよ。

「口は禍の門」の例文

  1. 口は禍の門なのだから、何か言うにしても言葉選びは慎重にすべきだ。
  2. 彼は口は禍の門だと言う事が分かっていない。何でも良く話す。
  3. 失言で退陣したあの政治家は、口は禍の門だという事を身に染みて感じた事だろう。
  4. 口は禍の門だから、余計な事を言ってしまわないか恐る恐る口を開く。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事