【口は災いの元】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】

口は災いの元

「口は禍の元」と表すこともあります。

【読み方】

くちはわざわいのもと

【意味】

不用意な発言は自分自身に災いを招く結果になるので、言葉は十分に慎むべきだという事。
不用意な発言は身を滅ぼす要因となることもあり、言葉が自らに災難をもたらすことも多いため、うかつに言葉を発するべきではないという事。

【語源・由来】

中国の類書『古今事文類集・後集』より、「口は是れ禍の門、舌は是れ身を斬るの刀なり(うかつなことを言うと禍が起きる、舌は槍よりも多く身を傷つける)」という記述から。

【類義語】
・蛙は口から呑まれる
・雉も鳴かずば撃たれまい
・口は善悪の門
・口は禍の門
・三寸の舌に五尺の身を亡ぼす
・舌は禍の根
・多言は身を害す
・沈黙は金、雄弁は銀
・物言えば唇寒し秋の風
・病は口より入り禍は口より出ず
・禍は口から

【英語訳】
・Out of the mouth comes evil.
・More have repented speech than silence.


「口は災いの元」の使い方

ともこ
隣のクラスの◯◯さんが、君に酷い事を言われたと怒っているけれど、何があったの?
健太
酷いも何も、僕はただ「少し太った?」と話しかけただけなんだ。
ともこ
あらあら、それは女子に向かっては禁句よ。彼女も怒って当然だわ。
健太
口は災いの元だったよ。うっかり口を滑らせてしまったよ。急に怒るから驚いてしまったよ。

「口は災いの元」の例文

  1. 口は災いの元だから、言葉選びには慎重になるに越した事はない。
  2. 口は災いの元で、うっかり口を滑らしてしまったばかりに、彼は左遷される事となった。
  3. 彼は口は災いの元だと言う事が分かっていないから、ああやってペラペラ話すんだ。
  4. 口は災いの元とはいえ、会議の場なのにも関わらず、失言を恐れてあまりにも何も話さないでいるのも、考えものである。
  5. 口は災いの元のようで、彼女の一言がきっかけで我が社の信頼は失墜した。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事