【枕を高くして寝る】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
枕を高くして寝る

【読み方】
まくらをたかくしてねる

【意味】
すっかり安心して眠ること。

【スポンサーリンク】

「枕を高くして寝る」の使い方

ともこ
健太くんは、いつも幸せそうな顔をしているけど枕を高くして寝れない時ってあるの?
健太
あるよ。これでも、いつも不安ばかりさ。夢の中でも悩んでいるよ。
ともこ
それは、夢の中でもじゃなくて、夢の中ばかりの間違いじゃないの?きっと起きているつもりなだけで寝ているのよ。
健太
そういえば悩んでいる間に気がついたら、朝になっていることがあるなあ。あれは、そういうことだったのか。

「枕を高くして寝る」の例文

  1. これができなくなったら多くの学者は、枕を高くして寝れそうにない。
  2. あの犯人を捕まえないことには、枕を高くして寝れない。
  3. その手紙の内容のせいで、彼女は枕を高くして寝れないのであろう。
  4. 一晩でいいから、を高くしてぐっすりてみたかったんだ。
  5. あの人が生きている限りは、わたしは枕を高くして寝れないんだろう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事