【芽が出る】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
芽が出る

【読み方】
めがでる

【意味】
草木の芽が出ることから転じて、幸運・好機が巡ってきて成功のきっかけができること。

【スポンサーリンク】

「芽が出る」の使い方

健太
僕ってダメだよね。いつになったら芽が出るんだろう?嫌になっちゃうよ。
ともこ
そんなことないわよ。健太君は性格がいいんだから、前向きに努力していれば、いつかは芽が出るわよ。
健太
そうかな。でももしかしたら僕には種がないから、いくら待っていても芽が出ないかもしれない。それが心配だよ。
ともこ
いつもの健太君らしくないわよ。そんなに落ち込んじゃダメ!そのうち芽が出ると信じなさい!

「芽が出る」の例文

  1. コツコツと地道な努力を続けていれば、やがて芽が出ることもある。
  2. 彼は最近ようやくこれまで行く手に立ちふさがっていた壁を乗り越えて、やっと芽が出始めたようだ。
  3. そのうち芽が出るさなどと安心して努力を怠っていたら、いつまで経っても芽が出ない。
  4. なかなか芽が出ないから自分は才能がない、などと諦めてはいけない。
  5. 幸運の女神が微笑んでくれたのか、これまで何をやってもうまくいかなかったのに芽が出始めた。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事