【目を凝らす】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
目を凝らす

【読み方】
めをこらす

【意味】
よく注意してじっと見つめるという意味。凝視する。

【英語】
look hard

【スポンサーリンク】

「目を凝らす」の使い方

健太
あー!僕の受験番号がない!大学落ちちゃったよー!
ともこ
健太君、目を凝らしてごらん。健太君の番号あるじゃない。
健太
やったー!本当だ!僕の番号があった!
ともこ
おめでとう、健太君。

「目を凝らす」の例文

  1. 理科室から物音がするので、誰かいるのかと目を凝らして私は腰を抜かしました。
  2. 驚いて目を凝らすと、知らない人が逃げていった。
  3. 兄は美術館で展示された作品に目を凝らした。
  4. 誰かの声が聞こえたので、辺りに目を凝らすも誰もいなかった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ!ことわざ本

合わせて読みたい記事