【目が冴える】の意味と使い方(慣用句)

【慣用句】
目が冴える

【読み方】
めがさえる

【意味】
神経が高ぶって、眠くならない。または眠れないという意味。


「目が冴える」の使い方

健太
ともこちゃん、そんなに眠そうにしてどうしたの?
ともこ
昨晩、ホラー映画を見たら、目が冴えて眠れなかったの。
健太
ともこちゃん可愛いね(笑)

<例文>

  1. 昨日色々考え事をしていたら目が冴えて徹夜しちゃった。
  2. 目が冴えた時は、無理して眠ろうとしない方がいいよ。
  3. 夜中になると目が冴えてきて眠れない。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事