【目の前が暗くなる】の意味と使い方(慣用句)

【慣用句】
目の前が暗くなる

【読み方】
めのまえがくらくなる

【意味】
ひどくがっかりして力を落とし、未来に希望が持てない気持ちになるという意味。

【類義語】
目の前が真っ暗になる

【スポンサーリンク】

「目の前が暗くなる」の使い方

健太
テストの点数が0点で目の前が暗くなるよ。
ともこ
健太君、いっつも勉強してないで遊んでばっかりだからよ。ちゃんと勉強しないと!

<例文>

  1. 大学受験に失敗して、目の前が暗くなった
  2. 大好きな親友が転校して、目の前が暗くなるような思いになった。
  3. 成績が下がって、塾の先生に激しく怒られ、目の前が暗くなった
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ!ことわざ本




ことわざ・慣用句のLINEスタンプ発売中♪

「ことわざ・慣用句の百科事典」で使用している、当サイトのオリジナルイラスト素材が、LINEスタンプとしてついに発売開始されました。

意味を考えながらLINEスタンプを繰り返し使うことで、楽しくことわざや慣用句を覚えることができますよ♪