【身も蓋も無い】の意味と使い方の例文(語源由来・英語訳)

【ことわざ】
身も蓋も無い

【読み方】
みもふたもない

【意味】
言動があからさまで、風情がないこと。
また、率直すぎて話が続けられないこと。

【語源・由来】
「身(み)」とは、物を入れる器のこと。
身と蓋からなっている入れ物の、両方がなければ、どうしようもないということから。

【英語訳】
There is no apologetic room. It is frank. It is plain.

【スポンサーリンク】

「身も蓋も無い」の使い方

健太
サッカーの練習をしていても、ちっともうまくならないから、試合にも出られない。
ともこ
始めた頃よりは、ずっと上達していると思うから、練習を続けることが大切じゃないかしら。
健太
いや、僕にはサッカーの才能なんてないから、もうやめることにするよ。
ともこ
そう言ってしまっては、身も蓋も無いわね。

「身も蓋も無い」の例文

  1. 成績が悪いのだから、進学なんてできないだろうと先生に言われた。事実だが、そう言われては身も蓋も無い
  2. 思いを寄せる相手に気持ちを伝えたけれど、存在を知らなかったと言われてしまっては、身も蓋も無い
  3. 旅行をしたいというので、希望の行き先と予算を聞いたところ、資金がないと言われてしまっては身も蓋も無い
  4. 結婚する気はないなんて、身も蓋も無いことを言わないで、まずは会ってみるだけでもと、お見合いを勧められた。
  5. 身も蓋も無いことを言うなと言われても、それが事実なのだから他に言いようない。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事