【右を踏めば左が上がる】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
右を踏めば左が上がる

【読み方】
みぎをふめばひだりがあがる

【意味】
一方によいことは他方には悪い、同時によいことはないというたとえ。

【類義語】
出船によい風は入り船に悪い(でふねによいかぜはいりふねにわるい)
あちら立てればこちらが立たぬ(あちらたてればこちらがたたぬ)
痛し痒し(いたしかゆし)
頭押さえりゃ尻上がる(あたまおさえりゃしりあがる)

【対義語】
一挙両得(いっきょりょうとく)
一石二鳥(いっせきにちょう)

【英語訳】
Ill for the rider, good for the abider.

【スポンサーリンク】

「右を踏めば左があがる」の使い方

健太
野球観戦のチケットがあと1枚あるんだ。誰と行こうかな。
ともこ
太郎君と行けば。
健太
同じチームだから光一君に申し訳ないし。
ともこ
右を踏めば左が上がるのね。じゃー。私を野球に連れてって。

「右を踏めば左があがる」の例文

  1. 農産品を優遇すれば工業製品に不利となる。右を踏めば左があがる判断には別な視点の比較要素が必要である。
  2. 利益は少ないが信頼度が高い顧客を優先したい。右を踏めば左があがるはずだ、他の顧客対策を考えなければならない。
  3. 新たな戦略の導入は、我が社にとっては右を踏めば左があがることとなるため、再検討すべきである。
  4. 行けば金がかかるし、行かなければ評価下がるし、右を踏めば左があがる。この時期の判断は難しいな。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事