【身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ

【読み方】
みをすててこそうかぶせもあれ

【意味】
自分の命を捨てる覚悟で、思い切って飛び込むことではじめて、活路を見出し事を成し遂げることができるということ。

【語源・由来】
溺れかけているときに、もがけばもがくほど深みにはまるけれど、思い切って水にからだをゆだねてみると、浮き上がって浅瀬に立つこともあるということから。

【類義語】
・死中に活を求める(しちゅうにかつをもとめる)
・肉を切らせて骨を断つ(にくをきらせてほねをたつ)

【対義語】

【英語訳】
He that fears death lives not.
Fortune favours the bold.

「身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ」の使い方

健太
今のチームにこのままいても、レギュラーにはなれないと監督に言われたんだ。
ともこ
それは悲しいわね。
健太
だけど、隣のチームの監督には、うちに来れば使ってあげられるかもしれないと言われて、チームを移ろうかと迷っているんだ。
ともこ
身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれというから、そのチャンスに賭けてみてはどうかしら。

「身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ」の例文

  1. 会社を辞めてくれと言われた時には、もうだめかと思ったけれど、身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれで、今の会社に巡り合うことができた。
  2. 保身も大切だけど、時には身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれといって、一度のチャンスに賭けてみてもいいんじゃないかな。
  3. この会社を守ることができたのは、あの時身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれと、がむしゃらにみんなが努力したからだと思う。
  4. 身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれだと思った時に、この案を思いついて、会社の危機を救うことができたんだ。

まとめ

ピンチに陥ってしまった時には、焦ってしまうのではないでしょうか。
しかし、身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれということも、あるかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事