【見るは法楽】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
見るは法楽

【読み方】
みるはほうらく

【意味】
いろいろなものを見るのは、たとえようもなく楽しいことであるということ。
また、見るだけならただなのだから、あれこれ見ると良いということ。

【語源・由来】
「法楽(ほうらく)」とは、神仏にたむける読経、歌舞、音楽のこと。
そのことが転じて、慰み楽しみなどの意味。

【類義語】
・聞くも法楽見るも法楽(きくもほうらくみるもほうらく)
・聞くは法楽(きくはほうらく)

【対義語】

【英語訳】
Looking doesn’t cost a thing.
The view of merchandise will cost a man nothing.
It is pleasant to see many things. It is free that sees. The view of merchandise will cost a man nothing.

「見るは法楽」の使い方

ともこ
健太くん、毎日どこかへ出かけているようだけど、なにをしているの?
健太
近所のおじさんが、作ったプラモデルを飾っているから、見せてもらっているんだよ。
ともこ
そうなのね。見るは法楽というし、勉強にもなるわね。
健太
そうなんだよ。ぼくももっと、むずかしいプラモデルを作ってみたいな。

「見るは法楽」の例文

  1. 旅行の楽しみは、知らない土地やそこに住む人々の生活を見ることだと思う。見るは法楽というだろう。
  2. 有名な名画は高くて買えないけれど、美術館でじっくり鑑賞しよう。見るは法楽だからね。
  3. これほど素晴らしい陶芸は、買うことはできないから、よく見ておこう。見るは法楽だ。

まとめ

見るは法楽というように、いろいろなものを見ることは楽しいですね。
また、自分の見聞を広めることもできるのではないでしょうか。
全てを手に入れることはできないですが、見て楽しむことはいつでもできますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事