【水の滴るよう】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
水の滴るよう

「水も滴る」ともいう。

【読み方】
みずのしたたるよう

【意味】
水がしずくになって落ちるようなということで、役者や女性が若々しく美しい様子。


「水の滴るよう」の使い方

健太
ともこちゃん。見て!あそこにいる人、水の滴るような美しい人だね。
ともこ
本当だわね。あれっ。あの人、有名な女優さんよ。
健太
ええっ。そうなの?それなら水の滴るような美人なのも納得だね。何でこんな所にいるんだろうね。
ともこ
ドラマの撮影でもあるのかしらね?それにしても、見とれてしまうくらいに本当に水の滴るような美しさね。

「水の滴るよう」の例文

  1. 健太くんは、水の滴るような美しい少年で、よく女の子と間違えられるほど美少年なんです。
  2. 水の滴るような美しい女性たちの登場に、ミスコンテストの会場内からは、ため息が漏れました。
  3. ともこちゃんは、水の滴るような美しい子だと評判なので、いつかスカウトの人が来ると思っていました。
  4. ひょいっと顔を上げた男性の顔を見ると、水の滴るようないい男だったので、ドキッとしてしまいました。
  5. こんな田舎町にいてはふさわしくないと思ってしまうくらいに、水の滴るような美しい女性だったのですが、やはり都会に出て行きました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事