【名が通る】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
名が通る

【読み方】
ながとおる

【意味】
世間に名前がよく知られている。

【スポンサーリンク】

「名が通る」の使い方

健太
いやあ。まいったね。空手の大会で優勝してから、この辺りで名が通るようになって、よく声を掛けられるようになったんだ。
ともこ
へえ。健太くんにそういう輝かしい日が来るとはねえ。毎日練習を頑張っていたものね。
健太
次は、東京オリンピックに向けて頑張って練習するんだ。オリンピックに出場したら、日本中どころか世界中に名が通る選手になるよ。今のうちにサインをしてあげようか。
ともこ
・・・サインは結構よ。

「名が通る」の例文

  1. 彼は、建築家として名が通っていて、彼の建築を見るためだけに旅行をする人がいる。
  2. 一般の方は耳にしたことがないかもしれませんが、この業界では名が通っている会社の御曹司です。
  3. 全国的に名が通った会社で経営も安定しているので、取引をするつもりならば、信頼に値すると思います。
  4. この大学は、ウナギの養殖の研究で名が通っているので、ウナギ好きの健太くんは、ウナギの未来のためにその大学に入学を決めた。
  5. このコーヒーショップは安いことで名が通っているよね。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事