「ことわざ・慣用句」のLINEスタンプ発売中♪

【同じ穴の狢】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語・英語訳)

同じ穴の狢

【ことわざ】
同じ穴の狢

「一つ穴の狢」ともいう。

【読み方】
おなじあなのむじな

【意味】
一見別に見えても、実は同類であるという意味。多く悪人についていう。

【語源・由来】
狢は、タヌキに似たアナグマのこと。

【類義語】
・同じ穴の狐
・同じ穴の狸

【英語訳】
・Birds of a feather.
・Birds of a feather flock together.
・We are two of a kind.
・A raccoon dog of the same hole.
・It is a bad family.
・It is the same kind.

【スポンサーリンク】

「同じ穴の狢」の使い方

健太
僕のクラスに、仲良し2人組がいるんだけどね。A君はいつも誰かの悪口を言ってるんだけど、B君はいつも黙ってるんだよね。
ともこ
悪口を言わないなんて良い事じゃない。
健太
それがさ、この前、A君と2人っきりの時にB君も色んな人の悪口を言ってる場面を見ちゃったんだよ。
ともこ
あらら、同じ穴の狢だったってことね。

「同じ穴の狢」の例文

  1.  失恋した私を慰めてくれて嬉しかったから付き合い始めたのに、その彼も二股をかけていた。その男も結局同じ穴の狢だった。
  2.  今まで彼らは無関係だと思って推理していたが、3人が3人とも同じ穴の狢だとしたら話は変わってくる。

<間違った例文>

×私もそれと同じ万年筆を持っているんですよ。何だか同じ穴の狢みたいですね。
似ている者同士でも、この場合は使い方を間違っています。
悪事を働く人間など、悪いイメージで使われる事が多いですよ。

「同じ穴の狢」の文学作品などの用例

無きにかざるの精神にとっては、簡素なる茶室も日光の東照宮も、共に同一の「有」の所産であり、せんずれば同じ穴の狢なのである。この精神からながむれば、桂離宮かつらりきゅうが単純、高尚であり、東照宮が俗悪だという区別はない。(坂口安吾の日本文化私観より)


【2022年】おすすめ!ことわざ本




ことわざ・慣用句のLINEスタンプ発売中♪

「ことわざ・慣用句の百科事典」で使用している、当サイトのオリジナルイラスト素材が、LINEスタンプとしてついに発売開始されました。

意味を考えながらLINEスタンプを繰り返し使うことで、楽しくことわざや慣用句を覚えることができますよ♪