【鬼の霍乱】の意味と使い方の例文(語源由来・英語訳)

【ことわざ】
鬼の霍乱

【読み方】
おにのかくらん

【意味】
普段は丈夫な人が、めずらしく病気にかかること。

「鬼」は、ここでは強い人。

【語源・由来】
「霍乱(かくらん)」とは、漢方の語で日射病や暑気あたりのこと。また、夏に起こりやすいとされる、吐き気や下痢を伴う病気のことをいう。
鬼が霍乱で患ってしまうということが由来。

【英語訳】
The devil in a sickbed.
Person of iron constitution falling ill.
A strong person gets sick.


「鬼の霍乱」の使い方

健太
昨日からお母さんが熱を出して寝込んでいるんだ。
ともこ
健太くんのお母さんが寝込むなんて、めずらしいわね。
健太
うん。鬼の霍乱だとお父さんが話していたよ。
ともこ
早く治るといいわね。

「鬼の霍乱」の例文

  1. あんなに丈夫な先生が風邪をひいて休むなんて、鬼の霍乱だね。
  2. 鬼の霍乱というけれど、昨日から病院へ通っているんだ。
  3. ずっと皆勤賞を取っていた彼が寝込むなんて、鬼の霍乱だね。
  4. 健康には自信があって風邪もひいたことがなかったのに、まさか入院することになるなんて、鬼の霍乱だ。
  5. 父が入院するなんて、鬼の霍乱だと家族が話していた。
「鬼」という言葉を使うので、目上の人に使うのは注意が必要。
「入院なさったようですが、鬼の霍乱ですね。」などと使うには注意しなくてはならない。
また、ただめずらしいという意味で使うのは誤りなので注意が必要。
「兄がお小遣いをくれるなんて、鬼の霍乱だね。」と使うのは誤り。

まとめ

健康であることは、とても大切なことですね。
しかし普段とても体が丈夫で健康だと思っていても、鬼の霍乱というように、病気になってしまうことがあるのではないでしょうか。
普段の生活習慣に気を付けて、末永く健康に暮らしたいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事