【己の欲する所を人に施せ】の意味と使い方の例文(語源由来・対義語・英語訳)

【ことわざ】
己の欲する所を人に施せ

【読み方】
おのれのほっするところをひとにほどこせ

【意味】
自分が他人からしてもらいたいと思うことを、人にしてやりなさいということ。

【語源・由来】
「新約聖書・マタイによる福音書」にある言葉を要約したもの。
Do onto others,as you world have others do onto you.

【対義語】
・己の欲せざる所は人に施す勿れ(おのれのほっせざるところはひとにほどこすなかれ)

【英語訳】
Give others that yourself wants.

【スポンサーリンク】

「己の欲する所を人に施せ」の使い方

健太
ともこちゃんは、どうしていつも助けて欲しい時に助けてくれるの?
ともこ
己の欲する所を人に施せということを、心がけているからかしら。
健太
ぼくも、自分がして欲しいことを人にすることにしようと思うよ。
ともこ
とてもいいことだと思うわ。

「己の欲する所を人に施せ」の例文

  1. 己の欲する所を人に施せということを、いつも心がけるようにしている。
  2. 祖母は人から感謝されることが多い。理由を聞くと、己の欲する所を人に施せというようにしているからだと話してくれた。
  3. なにかしてもらうことばかり考えていないで、己の欲する所を人に施せということをやってみなさいと母に言われた。
  4. 己の欲する所を人に施せというけれど、なかなかむずかしいことだと思う。
  5. 相手のことを大切にすることのひとつに、己の欲する所を人に施せということがあるという。

まとめ

人に親切にされたり、困っているときに助けてもらったりしたことがあるのではないでしょうか。
人になにかしてもらうばかりではなく、己の欲する所を人に施せというように、自分がしてもらいたいと思うことを人にするということは、とても大切なことではないでしょうか。お互いに思いやり、助け合いながら暮らしたいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事