【鬼の目にも涙】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】
鬼の目にも涙

【読み方】
おにのめにもなみだ

【意味】
冷酷で無慈悲な人でも、時には他人の苦しみや悲しみに憐れみや同情を感じて涙を流す事もあるという意味です。
現在では、怖い人や厳しい人に対して使われることが多いです。

【語源・由来】
無慈悲な悪代官や高利貸しでも、時には相手に情けをかけたり憐れんだりした事に由来します。

「鬼」とは、古代では死者の魂とされ、時代を経て、民話などに出てくる想像上の妖怪と変化していきます。
頭に1~2本の角を生やし、虎の皮のパンツをはいていて、怪力というイメージですね。
陰陽道では鬼が出入りする方角を鬼門と呼んでいましたが、その方角が「丑寅(うしとら)」である事から、鬼の姿は牛の角と虎のパンツで描かれるようになったとされます。
現代では、冷たくて思いやりのない人間に対して使うこともあります。

【類義語】
・鬼の血目玉にも涙
・鬼も頼めば人食わず
・鰐の目にも涙

【英語訳】
・Even the hardest of hearts can be moved to tears.
・Even the hardest heart will sometimes feel pity.
・Tears from the hardest heart.


「鬼の目にも涙」の使い方

ともこ
うちの学校の野球部、ついに悲願の優勝を果たしたわね!
健太
厳しくて鬼コーチで有名だった監督、優勝が決まった次の瞬間、号泣していたね。
ともこ
そうね、あれにはちょっと驚いたわ。
健太
あれぞ正しく鬼の目にも涙だと思ったよ。

「鬼の目にも涙」の例文

  1. 俺がバイク事故を起こして意識不明で病院に担ぎ込まれた時、父親は急いで病室に駆けつけてくれたらしい。俺の意識が戻った時、いつもはおっかない頑固親父の目に光るものが溢れて、鬼の目にも涙だなと思った。
  2.  部下には厳しい課長だが、娘さんの結婚式では大泣きしたらしい。鬼の目にも涙とはこの事だ。
  3.  怖くて生徒からあまり好かれていなかった先生だけど、卒業式では目に薄っすらと涙を浮かべていて、鬼の目にも涙みたいだと思った。
  4.  鬼瓦みたいな顔で怒鳴り散らす親父だが、フランダースの犬というアニメを観て号泣していた。鬼の目にも涙と言うが意外過ぎてびっくりした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事