【女の足駄にて造れる笛には秋の鹿寄る】の意味と使い方の例文(語源由来)

【ことわざ】
女の足駄にて造れる笛には秋の鹿寄る

【読み方】
おんなのあしだにてつくれるふえにはあきのしかよる

【意味】
女の色香の魅力は強烈であり、男はその魅力に惹きつけられるものであるということ。

【語源由来】
女が履いた下駄から作った鹿笛を吹くと、秋の交尾期を迎えたオス鹿はそれをメス鹿の鳴き声と間違えて寄ってくることから

【スポンサーリンク】

「女の足駄にて造れる笛には秋の鹿寄る」の使い方

健太
女の足駄にて造れる笛には秋の鹿寄るっていうけれども、ともこちゃんの色香は抗いがたいものがあるよね。
ともこ
そんなことないわよ。
健太
ともこちゃんがほほ笑んだら、男子の心はズキューンと撃ち抜かれてしまうと思うよ。
ともこ
じゃあ、この色香を武器に貢いでもらおうかな。

「女の足駄にて造れる笛には秋の鹿寄る」の例文

  1. 女の足駄にて造れる笛には秋の鹿寄るというが、健太くんは女に惑わされて財産を食いつぶされました。
  2. 恋をしたら、必死に冷静さを保たないと女の足駄にて造れる笛には秋の鹿寄るというよ。
  3. あのうぶな健太くんが惑わさるなんて、女の足駄にて造れる笛には秋の鹿寄るというが女は恐ろしい。
  4. 女の足駄にて造れる笛には秋の鹿寄るというからねえ、男子校に行って勉強に専念したほうがいいんじゃないかな。
  5. しっかり自分を戒めていないと、女の足駄にて造れる笛には秋の鹿寄る、あっというまに恋に溺れてしまうよ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事