【女は目の天国、財布の煉獄、魂の地獄】の意味と使い方の例文

【ことわざ】
女は目の天国、財布の煉獄、魂の地獄

【読み方】
おんなはめのてんごく、さいふのれんごく、たましいのじごく

【意味】
女性は美しく、見ている分には素晴らしいが、付き合えば浪費家で金がかかり、ついには身を滅ぼされてしまうこと。

【スポンサーリンク】

「女は目の天国、財布の煉獄、魂の地獄」の使い方

健太
兄さんが自己破産したんだよ。
ともこ
買い物をしすぎたの?
健太
女性に貢ぎすぎたんだよ。女は目の天国、財布の煉獄、魂の地獄っていうじゃない?女性って怖いよね。
ともこ
健太くんは、お兄さんを反面教師にして、アイドルを遠くから眺めて満足しているだけのほうがいいんじゃないの?

「女は目の天国、財布の煉獄、魂の地獄」の例文

  1. 女性には気をつけないと、女は目の天国、財布の煉獄、魂の地獄、身を亡ぼすよ。
  2. 女は目の天国、財布の煉獄、魂の地獄というように、身上をつぶした男を何人も知っています。
  3. 女性と付き合うと女は目の天国、財布の煉獄、魂の地獄、片想いしている間が花だよ。
  4. 恋をするなら自らを律しないと、女は目の天国、財布の煉獄、魂の地獄というように破滅へ一直線だ。
  5. 女は目の天国、財布の煉獄、魂の地獄というように、ともこちゃんの色香に惑わされた男性は、一人残らず破産して地獄を見ています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事