【恐れ入谷の鬼子母神】の意味と使い方の例文(語源由来)

【ことわざ】
恐れ入谷の鬼子母神

【読み方】
おそれいりやのきしもじん

【意味】
恐れ入りました。という意味で使う言葉。

【語源・由来】
「鬼子母神(きしもじん・きしぼじん)」とは、凶暴で他人の子供を食べてしまう悪い女神のこと。
仏陀(ぶっだ)に懲らしめられ、のちに出産・育児の神となった。
その鬼子母神が祭られている、東京都台東区入谷と「恐れ入りやした」の「入りや」をかけていったもの。

「恐れ入る」とは、相手の好意や自分の悪いところについて恐縮すること。
また、相手の実力に圧倒されて参ること。
あまりにひどくてあきれるという時にも使う。

「恐れ入谷の鬼子母神」の使い方

健太
まさか、ともこちゃんがサッカーを始めるなんて思っていなかったよ。
ともこ
前からやってみたいと思っていたの。
健太
始めたばかりなのに、試合に出てハットトリックを決めるなんて、恐れ入谷の鬼子母神だよ。
ともこ
ふふふ、ありがとう。

「恐れ入谷の鬼子母神」の例文

  1. そんなに細いのに、カツ丼を5杯も食べるなんて、恐れ入谷の鬼子母神だね。
  2. あのピッチャーが完全試合をするなんて、恐れ入谷の鬼子母神だ。
  3. 彼は大人しくて目立たないけれど、あれで有名な俳優というのだから恐れ入谷の鬼子母神だな。
  4. 彼女があれほどお酒に強いなんて思っていなかったよ。一人で一升飲み干すなんて恐れ入谷の鬼子母神だ。
  5. いつも宿題を忘れて怒られていた彼が、今では大きな会社の社長だなんて、恐れ入谷の鬼子母神だ。
しゃれを言う必要のないところで、
「恐れ入谷の鬼子母神ですが、ちょっと道をあけてくれませんか。」などと使うのは誤り。
また、恐怖心を持つという意味で使うのも誤り。
「ひったくりにバッグを奪われて、恐れ入谷の鬼子母神だったよ。」と使うのも誤り。

まとめ

恐れ入谷の鬼子母神、という言葉は、普段使っている言葉をしゃれていう言葉です。
いつもとは一味違うと思われるのではないでしょうか。
ふざけすぎたり、間違えたりしないで使うことで、より会話を楽しみたいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事