【教うるは学ぶの半ば】の意味と使い方の例文(語源由来・英語訳)

【ことわざ】
教うるは学ぶの半ば

【読み方】
おしうるはまなぶのなかば

【意味】
人にものを教えるということは、半分は自分で勉強することにもなるというたとえ。

【語源・由来】
「書経(しょきょう)」より出典。
人にものを教えるときには、自分も十分に勉強しなくてはならないということ。
また、不確かなところを学習し直したり、記憶を新たにしたりすることができるため、自分の知識を深めることにも繋がるということ。

「書経」とは、中国の古典で五経のひとつ。
先秦では「書」といわれ、漢代からは「尚書」といわれていた。宋以後から「書経」と称される。

【英語訳】
We learn by teaching.

【スポンサーリンク】

「教うるは学ぶの半ば」の使い方

健太
ともこちゃんはいつもぼくに勉強を教えてくれるね。
ともこ
そうね。私も勉強になるのよ。
健太
もうわかっている問題ばかりじゃないの。
ともこ
教うるは学ぶの半ばよ。

「教うるは学ぶの半ば」の例文

  1. 教うるは学ぶの半ばというように、子供に教えるために自分でも参考書をたくさん読んだ。
  2. 兄は勉強を教えてくれるけれど、どんな問題でも確認を怠らない。理由を聞くと、教うるは学ぶの半ばだからねと話してくれた。
  3. 生徒に教えるためには、教うるは学ぶの半ばというように、自分自身もしっかり学習しなければならない。
  4. 教うるは学ぶの半ばというけれど、人に教えることで本当にたくさんの知識を深めることになった。
  5. 先生になったからといって、学ぶことをやめてはいけないよ。教うるは学ぶの半ばというからね。

まとめ

人に何かを教えるときには、間違ったことを教えてはいけませんね。
その為には、やはり自分もしっかり勉強をする必要があるのではないでしょうか。
教うるは学ぶの半ばということを心に留めて、学習をしたり知識を深めたりして、人生を豊かに過ごしたいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事