【青は藍より出でて藍より青し】の意味と使い方の例文

【ことわざ】
青は藍より出でて藍より青し

【読み方】
あおはあいよりいでてあいよりあおし

【意味】
教えを受けた弟子が、その先生よりもすぐれた人になることのたとえ。

【語源・由来】
青色の染料は藍という草からとるが、その青さは、藍よりもずっと濃く、鮮やかであるということから。

荀子(じゅんし)の言葉で、学問や努力により持って生まれた資質を越えることができるということ。
荀子:中国の戦国時代末の思想家・儒学者。

【類義語】
・出藍のほまれ(しゅつらんのほまれ)
・氷は水よりいでて水より寒し

【英語訳】
・The scholar may waur the master.
・The scholar may be better than the master.

【スポンサーリンク】

「青は藍より出でて藍より青し」の使い方

健太
僕の空手の友達が、空手の日本王者になったんだって。
ともこ
すごいわね!今ではすっかり空手の先生よりも強くなっちゃったわね。
健太
そうだね。弟子の間でもすでに、青は藍より出でて藍より青しの声がでているよ。
ともこ
健太も頑張らないとねっ!

「青は藍より出でて藍より青し」の例文

  1. 青は藍より出でて藍より青しと言うが、先生よりバイオリンが上手になるなんて凄いね。
  2. 彼は師匠よりすごい成績を残した。まさに青は藍より出でて藍より青しだね。
  3. 僕の方が先輩なのに、僕より仕事ができるなんて青は藍より出でて藍より青し
青は藍より出でて藍より青しは、学問や努力により、どんどん人は成長できるということを意味しています。人生は一生勉強で、常に成長をしていきなさいということを考えさせられますね。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事