【赤子の手を捻る】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【ことわざ】
赤子の手を捻る

【読み方】
あかごのてをひねる

【意味】
①実力がちがいすぎるので、かんたんに相手をまかすことができてしまう。
②抵抗する力がない者に暴力をふるう。

【語源・由来】
「赤子」はあかんぼうの意味で、力のない者のたとえ。
赤ちゃんの手をひねるくらい簡単にできるということで、力の差が非常に大きい場合に用いられる。

【類義語】
・赤子の腕をねじる
・大黒柱と腕押し

【英語訳】
As easy as twisting a baby’s hand

「赤子の手を捻る」を「赤子を捻る」と間違え易いので注意が必要です。
【スポンサーリンク】

「赤子の手を捻る」の使い方

ともこ
健太くん、明日の空手の大会は勝てそうなの?
健太
僕は優勝候補だよ。明日の相手選手はまだ空手を始めたばかりだから楽勝さ!
ともこ
そうなんだ。それじゃ、赤子の手を捻るようなものね。でも油断はしないでね。
健太
楽勝だよ!ありがとう、ともこちゃん。

「赤子の手を捻る」の例文

  1. 君とじゃレベルの差がありすぎて、赤子の手を捻るようなものだよ。
  2. 僕にとっては、赤子の手を捻るより簡単な問題だね。
  3. 今年のセンター試験は、赤子の手を捻る程簡単だったよ。
「赤子の手を捻る」ということわざは、圧倒的な力の差がある場合に用います。

ちょっとの力の差の場合は用いません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事