【青菜に塩】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

  • 【ことわざ】
    青菜に塩(あおなにしお)
  • 【意味】
    ものごとがうまくいかず、元気がなくなり、しょんぼりしている人の様子。
  • 【語源・由来】
    生き生きしていた青菜に塩をふりかけると、しおれてしまうことから生まれた言葉。
  • 【類義語】
    ・蛞蝓に塩(なめくじにしお)
    ・青菜に湯をつけたよう
    ・菜の花に塩をかけたよう
    ・青菜を湯につけたよう
  • 対義語
        −
  • 【英語訳】
    feeling sad or downhearted; down in the dumps
「青菜に塩」のことわざは、もともと不調な人には用いません。

例えば、病気で体を壊している人に対して「青菜に塩だ」とはなりません。

元気だった青菜が塩で水分を吸収されてしおれてしまうように、元気だった人がショックを受けて元気じゃなくなってしまう場合に用います。


「青菜に塩」の使い方

健太
やったー!初めてテストで満点とれたー!!
ともこ
ちょっと健太くん!!それ私の答案用紙よ!健太くんはこっち!
健太
トホホ。結局僕は0点か。せっかく嬉しかったのに。
ともこ
やれやれ、さっきまであんなに嬉しそうだったのに青菜に塩ね。次はもっと頑張りなさい!

「青菜に塩」の例文

  1. せっかくホームランを打ったのに、窓ガラスが割れてしまって青菜に塩だ。
  2. あれだけ楽しみにしていたケーキが売り切れていて青菜に塩だ。
  3. 毎日受験勉強を頑張ったのに、試験に落ちてしまって今の僕は青菜に塩だ。
  4. さっきまで楽しそうだったのに、先生に怒られてからは青菜に塩だ。
  5. 息子はレゴのおもちゃを組み立てたのに、落としてしまって青菜に塩のありさまだ。
<間違った例文>
癌になってからの母親は、体力もなくなって青菜に塩のようだ。

※不調なのが身体的なことだけの場合に使うのは誤り。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事