【我が身を抓って人の痛さを知れ】の意味と使い方の例文(類義語・英語訳)

【ことわざ】
我が身を抓って人の痛さを知れ

【読み方】
わがみをつねってひとのいたさをしれ

【意味】
自分が苦痛だったりいやだと思うことは、人も同じように苦痛でいやなのです。相手の人が今どの様な状態なのか、自分がそのようになったらどう感じるのか考えて思いやることが大切だということを表しています。

【類義語】
己の欲せざる所は人に施すことなかれ(おのれのほっせざるところはひとにほどこすことなかれ)

【英語訳】
Judge of other’s feeling by your own.

「思いやり」とは相手の立場や気持ちを理解しようとする心のことをいいます。
「思いやり」という言葉を理解するため、実際に誰でもイメージしやすい「抓る」という言葉が入っているこのことわざを学ぶのが分かり易いと思います。

「我が身を抓って人の痛さを知れ」の使い方

健太
Bくんはまだ逆上がりができないだせ。
ともこ
健太君。我が身を抓って人の痛さを知れって知ってる? 人には思いやりが大切よ。健太君だって算数不得意じゃない。
健太
あっそうか。今度やり方教えてあげようっと。
ともこ
えらい、健太君。

「我が身を抓って人の痛さを知れ」の例文

  1. グループ全員が相互に助け合うことが大切です。我が身を抓って人の痛さを知れというようにほかの人のことを思いやりましょう。
  2. 逆の立場で考えて見ることが大事です。別な言い方をすれば我が身を抓って人の痛さを知れということです。
  3. 我が身を抓って人の痛さを知れとはいわれますが、自分では気付かずにいる場合が多くあります。
  4. 相手の気持ちを理解するためには、我が身を抓って人の痛さを知れということをもう一度真剣に考えて見る必要があります。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事