【禍を転じて福と為す】の意味と使い方(類義語・語源由来・英語訳)

【ことわざ】
禍を転じて福と為す

「災いを転じて福となす」ともいう。

【読み方】
わざわいをてんじてふくとなす

【意味】
・身にふりかかる災難(さいなん)を活用(かつよう)して、自分に役立(やくだ)つものとして利用するさま。
・不幸なことが一転して幸福に転じるさま。

【語源・由来】
前漢時代の「戦国策」(せんごくさく)の「聖人の事を制するや、禍を転じて福と為し(かをてんじてふくとなし)、敗に因りて功を為す」と、「史記」蘇秦列伝(そうさいれつでん)の「臣聞く、古の善く事を制する者は、禍を転じて福と為し、敗に因りて功を為す」からきています。

【類義語】
・七転び八起き(ななころびやおき)
・災いを転じて福となす

【英語訳】
・Good comes out of evil.
・Bad luck often brings good luck.

戦国策は中国は前漢(ぜんかん)のころ戦乱の世に、主君に対する様々な諫言(かんげん)を集めた説話集(せつわしゅう)です。当時の説客(せっきゃく)たちが、諫言つまり主君にこうした方がよろしいですよ。こんな例がありますよ。と今風でいうとアドバイスした言葉を集めたものです。

「禍を転じて福と為す」の使い方

ともこ
どうしたの
健太
レギュラーをはずされちゃった。
ともこ
頑張ってもっと上手になれば。禍を転じて福と為すっていうよ。
健太
そうだね。よしもっと練習してみるよ。

「禍を転じて福と為す」の例文

  1. 禍を転じて福と為すと考えた方がいいよ。
  2. 禍を転じて福と為すと思えばやる気もでるね。
  3. これからは禍を転じて福と為すと信じて頑張るよ。
  4. 禍を転じて福と為す。いつかはきっと報(むく)われます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事