【山椒は小粒でもぴりりと辛い】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
山椒は小粒でもぴりりと辛い

【読み方】
さんしょうはこつぶでもぴりりとからい

【意味】
からだは小さいけれど、意志が強く、鋭い気性や優れた才能があり、非常に優秀で侮る(あなどる)ことのできない人のたとえ。

【語源・由来】
山椒の実は小さくても、非常に強い辛みを持つことから由来している。

【類義語】
・小さくとも針は飲まれぬ

【対義語】
・独活の大木(うどのたいぼく)
・大男総身に知恵が回りかね(おおおとこそうみにちえがまわりかね)
・大男の殿(おおおとこのしんがり)

【英語訳】
Within a little head,great wit.

「山椒」は本来「さんしょう」と読みますが、
「さんしょはこつぶでもぴりりとからい」と読む場合もある。

山椒の実は、とても小さい粒だけれど、食べるとピリッとした独特の辛みがある。
粉にして香辛料にしたり、つくだ煮にしたりと古くから使われている。

【スポンサーリンク】

「山椒は小粒でもぴりりと辛い」の使い方

健太
ともこちゃん、今度一緒にサッカーの試合を見に行かない?
ともこ
いいわよ。健太くん、サッカーが好きなの?
健太
とても体が小さいけれど、ドリブルもシュートもすごく上手な選手がいるんだ!
ともこ
山椒は小粒でもぴりりと辛いね。

「山椒は小粒でもぴりりと辛い」の例文

  1. 彼は山椒は小粒でもぴりりと辛いところがあって、チームで一番小さいのに野球が上手だ。
  2. 小さな会社だけれど、山椒は小粒でもぴりりと辛い。その業績は素晴らしい。
  3. 彼は体が小さいけれど、バスケットボールがとても上手なんだ。山椒は小粒でもぴりりと辛いだね。
  4. 彼女は小さくて、普段は大人しいけれど、会議になると山椒は小粒でもぴりりと辛い。鋭い意見を出すので、みんなに頼りにされているんだ。
  5. あの子はクラスで一番体が小さいけれど、山椒は小粒でもぴりりと辛い。走るととても速いんだ。
小さいが、大きな害を及ぼすという意味で使うのは誤り。
「山椒は小粒でもぴりりと辛い。小さな虫だけれど、刺されてしまうととても痛むよ。」
などと使用するのは誤り。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事