【売り出し三年】の意味と使い方の例文(類義語)

【ことわざ】
売り出し三年

【読み方】
うりだしさんねん

【意味】
商売を始めて最初の三年間、しっかりとした商売をすればあとはうまくいくということ。

【類義語】
・商い三年

【スポンサーリンク】

「売り出し三年」の使い方

健太
売り出し三年、まじめに商売をしていれば、末長く続けることができるんだって。
ともこ
ああ、わかるわ。顔の良さだけで売れて調子に乗ってしまった芸人や俳優は、すぐにテレビから消えていくものよね。
健太
真面目にコツコツと真剣に仕事と向き合っている人の努力は、画面を超えて見ている人にも伝わるよね。
ともこ
そういう人は長く芸能界で生きていくわよね。

「売り出し三年」の例文

  1. 売り出し三年、オープンから三年を真面目にがんばれば、常連さんが必ず付いて、経営は安定するよ。
  2. やっと自分の店を持つことができた、売り出し三年、これから毎日努力を怠らずがんばるぞ。
  3. 売り出し三年、最初の三年で努力を惜しまないことが、この店の寿命を長くしてくれるでしょう。
  4. 最初の三年が勝負で、売り出し三年というように、そこで手を抜くと客はもう戻ってこない。
  5. 売り出し三年、三年は寝る間も惜しんで店のために働きます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事