【嘘も方便】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・対義語)

【ことわざ】
嘘も方便

【読み方】
うそもほうべん

【意味】
嘘をつくことは悪い事ですが、物事を円滑に進めるためや、より良い結果を得るための手段として、時には多少の嘘も許されるし、必要であるという意味です。

【語源・由来】
仏が仏道によって生きとし生けるもの全てを迷いから救い、悟りを得させるための方便(手段)として嘘をつくこともあるという事が由来です。
大きな善行のためには、嘘も許されるということですね。

「方便」とは、仏語の場合、生きとし生けるものを真実の教えに導くための便宜上の手段とされます。

【類義語】
・嘘つき世渡り上手
・嘘は世の宝
・嘘も重宝
・嘘も追従も世渡り
・嘘も誠も話の手管
・嘘をつかねば仏になれぬ

【対義語】
・嘘つきは泥棒の始まり
・嘘つきは盗人の苗代
・嘘と盗みは互いに隣同士
・嘘は盗人の始まり
・嘘は盗みの基
・嘘を言うと閻魔様に舌を抜かれる
・嘘を言えば地獄へ行く
・嘘をつくと腹に竹が生える
・正直は一生の宝

【英語訳】
・The end justifies the means.
・It’s sometimes necessary to stretch the truth.
・It’s sometimes necessary to tell a lie in order to achieve the goal.

【スポンサーリンク】

「嘘も方便」の使い方

健太
あ~、僕の背がもうちょっと高かったらな~、もっと女の子にモテるかもしれないのにな~。
ともこ
そう?私は男の人の価値は背の高さじゃないと思うけど。優しくて思いやりのある人が素敵よね。女子は自分に優しくしてくれる男性に弱いのよ。
健太
そうか~、ともこちゃんは優しい男が好きなんだ~。
ともこ
(ごめん、嘘ついちゃった。本当は高学歴な男の人に憧れるのよね。でも嘘も方便って言うし…)

「嘘も方便」の例文

  1. 正直者が馬鹿を見る事だってあるし、嘘も方便だよ。
  2.  彼女は嘘も方便ということわざを知らないのか、傷つくことを平気で言うからだんだん嫌になってきた。
  3.  嘘も方便と言うように、嘘も上手く使えば仕事にプラスになるよ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事