【魚の水を得たるが如し】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・対義語)

【ことわざ】

魚の水を得たるが如し

【読み方】

うおのみずをえたるがごとし

【意味】

お互い離れることの出来ない様な、親密な交際や間柄の事。
また、苦境から脱して、その人にふさわしい場所にて能力を発揮し、大いに活躍する事。

魚を水中に放つと元気よく泳ぐことから、ふさわしい場所を得て活躍する意味においては、「魚の水を得たよう」と表す事があります。

【語源・由来】

魚は水がなければ生きていけないことから、切るに切れない関係だという事から。
中国・西晋代の官僚・陳寿が三国時代について表した歴史書『三国志』より。
三顧の礼を尽くして諸葛公明を迎えた劉備が、彼らの交際に不満を募らせる関羽や張飛に対して、「狐の孔明有るは、猶魚の水有るがごときなり。願わくは諸君復言うこと勿れ(自分にとって孔明がいることはちょうど魚にとって水があるように欠くことができないものだから、諸君はもう何も言わないでくれ)」と言ったという記述から。

【類義語】
・水に放たれた魚のよう
・水を得た魚のよう
・水魚の交わり

【対義語】
・魚の水を離れたよう
・陸に上がった魚
・陸に上がった河童
・陸へ上がった船頭
・木から落ちた猿
・水を離れた魚


「魚の水を得たるが如し」の使い方

健太
先日の授業参観に、君のご両親が来ていたね。
ともこ
そうなのよ。夫婦仲良いのは良いんだけれど、なんだか少し照れくさかったわ。
健太
まさに二人の関係は、魚の水を得たるが如しといったところだね。羨ましいよ。
ともこ
そう言ってくれると私も嬉しいわ。

「魚の水を得たるが如し」の例文

  1. 彼らは実は幼なじみで、お互い信頼し合っているんだ。魚の水を得たるが如しの関係だよ。
  2. 僕は昔から、魚の水を得たるが如しのような夫婦関係に憧れている。
  3. 取引先のあの会社と弊社とは長年の付き合いで、魚の水を得たるが如しだ。
  4. 北海道出身の彼は、スキー場のゲレンデに立つと魚の水を得たるが如しのようだ。
  5. 魚の水を得たるが如しで、学生時代の部活動のスポーツであればのびのびできる。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事