【焼き餅焼くとて手を焼くな】の意味と使い方の例文(類義語)

【ことわざ】
焼き餅焼くとて手を焼くな

【読み方】
やきもちやくとててをやくな

【意味】
嫉妬も度を過ごせば災いを招くから、ほどほどにせよという戒め。

【類義語】
・焼き餅焼くなら狐色

【スポンサーリンク】

「焼き餅焼くとて手を焼くな」の使い方

健太
ともこちゃん。イライラしているね。どうしたんだい?
ともこ
私の彼氏が女の子と歩いていたのー!私という存在がありながら許せないわよね。
健太
それは親戚の女の子だったのかもしれないよ。焼き餅焼くとて手を焼くなというじゃないか。嫌われたくないなら、ほどほどにね。
ともこ
そっかあ。親戚だったのかあ。

「焼き餅焼くとて手を焼くな」の例文

  1. 押しすぎると引かれるから、焼き餅焼くとて手を焼くな、自滅しないようにね。
  2. 焼き餅焼くとて手を焼くな、僕のことを信じられないなら別れよう。
  3. 愛され続けたいなら焼き餅焼くとて手を焼くな、これが大事なんだよ。
  4. 焼き餅焼くとて手を焼くな、過度の嫉妬はしっぺ返しを食らうことになるよ。
  5. 自分に自信がないから嫉妬するんだよ、焼き餅焼くとて手を焼くな、嫉妬する暇があったら自分の魅力を磨いて自信をつけるといいよ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事