【世を去る】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
世を去る

【読み方】
よをさる

【意味】
①死ぬこと。
②出家する。


「世を去る」の使い方

健太
僕が大好きだったアイドルが、病気でこの世を去ったんだ。
ともこ
ええーっ。アイドルだったら、かなり若かったんじゃないの?
健太
そうなんだよ。本人も周りの人間も病気に気が付いていなかったみたいで、本当に急だったんだ。
ともこ
ファンにとってもそうだけど、家族にとっても悲しい出来事だったわね。

「世を去る」の例文

  1. 彼は、あれだけ惜しまれながら世を去った人はいないんじゃないかと思う位で、死後50年経った今でも人気がある。
  2. 彼は、この世を去ったけれども、神様の世界で私が来るまで、私のことを見守ってくれていることだろう。
  3. その天才画家は20歳の若さでこの世を去ったので、のこされた絵は非常に少ない。
  4. その事件は、彼女がこの世を去る五年前に起こったものだった。
  5. 彼は、若くしてこの世を去ったので、みんなが彼のはやすぎる死を悼んだのだった。
  6. 彼は、生きたくても生きることができずにこの世を去ったのだから、親友であるあなたは、毎日を無駄に過ごすことを反省して真剣に生きるべきである。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事