【常軌を逸する】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
常軌を逸する

【読み方】
じょうきをいっする

【意味】
ふつうには考えられないことを言ったり、したりする。

「常軌」とはふつうに行われる方法のこと。
【スポンサーリンク】

「常軌を逸する」の使い方

ともこ
健太くんは、アイドルに常軌を逸する勢いで熱を上げているわよね。
健太
そんなことはないよ。通常の範囲内だと思うよ。
ともこ
通常のファンが、学校を休んでアイドルのイベントに参加しないでしょう?
健太
そうかな?そうすることが当たり前だと思っていたよ。

「常軌を逸する」の例文

  1. 僕には、とても健太くんのよう常軌を逸した真似はできっこないし、理解できない。
  2. この人たちのやっていることは、あまりに馬鹿げていて、常軌を逸していると思ったのです。
  3. 健太くんの動作は異常だったし、彼の眼つきはそれ以上に常軌を逸したものに見えたのです。
  4. いかに若いとはいえ、彼女には常軌を逸した行動が多すぎるから、彼女のマネージャーはすぐにやめていく。
  5. 彼は、酒に酔うと常軌を逸する行動に出るから、あまり飲ませてはいけない。
  6. 彼は、いつも常軌を逸した事をして、近所の人たちを驚かしているのである。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事