【徒花に実は生らぬ】の意味と使い方の例文(語源由来・英語訳)

【ことわざ】

徒花に実は生らぬ

【読み方】

あだばなにみはならぬ

【意味】

いくらどんなに見かけが良くても、内容が伴わず着実に行われない計画は、よい成果が得られないという事。

徒花は、「いたずらばな」とか「むだばな」という意味で、これは雄花のことを指し 「おしべ」はあるけれど、「めしべ」を持たない花の事をしています。
ヘチマ・キュウリ・カボチャ・ゴーヤなどのウリ科の植物や、スギ・ヒノキ・マツ・イチョウ・ソテツなどの裸子植物は、雄花と雌花の区別がある植物です。

【語源・由来】

「徒花」とは、咲いても実を結ばずに散る花という意味で、いくら美しい花を咲かせようとも、実を結ばない徒花では仕方がないという事から。

【英語訳】
・Vainglory blossoms,but never bears fruit.

【スポンサーリンク】

「徒花に実は生らぬ」の使い方

健太
今年の夏休みはどんなことしようか、今から考えてるよ。
ともこ
あらあら、なんとまあ気が早いね。具体的にしたい事はあるの?
健太
そうだね。まずは自由研究で、皆が驚く凄い結果を出したいな。あとは、工作でも完璧で凄い物を作りたい。
ともこ
それなら、今は漠然としているから、徒花に実は生らぬにならないように、入念に計画を立てる必要があるね。

「徒花に実は生らぬ」の例文

  1. いくら大見得を張って、皆に無理難題をやり遂げると宣言したところで徒花に実は生らぬだと思う。
  2. 彼はいつも口ばかりで結局何も達成できていないよ。まさに徒花に実は生らぬを体現しているよ。
  3. 徒花に実は生らぬだから、結婚式の計画は希望ばかり盛り込むのではなく、費用や時間等の現実的な問題も考えるべきだよ。
  4. 徒花に実は生らぬなのだから、見切り発車よりも、しっかりと話し合って物事を始めた方が良いと思うよ。
  5. 周りから徒花に実は生らぬと後々言わせないように、今回の計画は絶対に成功させなければならないんだ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事