【頭の上の蠅を追え】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】

頭の上の蠅を追え

【読み方】

あたまのうえのはえをおえ

【意味】

人の世話を焼くよりも、まずは自分のことをきちんとしなさいという教え。

【語源・由来】

人のところを飛んでいるはえの心配をする前に、自分の頭の上を飛んでいるはえを追い払いなさいということから。

【類義語】
・己の頭の蠅を追え(おのれのあたまのはえをおえ)
・自分の頭の蠅を追え
・人の事より足下の豆を拾え
・人の事より我が事
・人の蠅を追うより我が頭の蠅を追え
・めいめい自分の洟をかめ
・我が頭の蠅を追え
・我が身の蠅を追え
・我が蜂払え

【英語訳】
・Let every man skin his own skunk.
・Sweap before your own door.

このことわざは主に、おせっかいな者へ軽蔑の気持ちを込めていう事が多いです。
【スポンサーリンク】

「頭の上の蠅を追え」の使い方

健太
◯◯君、また先生に怒られていたみたいだね。どうやら宿題を忘れたみたい。
ともこ
そうなんだ、隣の教室まで声が聞こえていたから何事かと思っていたわ。
健太
彼はテストの点数も良くないし、成績に響いてしまうんじゃないかな。大丈夫かな。
ともこ
人の心配ばかりして、君だって宿題忘れるし、テストもあまり良くないじゃない。頭の上の蠅を追えって言われてしまうわよ。

「頭の上の蠅を追え」の例文

  1. あいつはいつも人のファッションにケチをつけるけど、あいつ自身だってそんなにオシャレじゃないじゃないか。頭の上の蠅を追えってもんだよ。
  2. 同期に営業成績についてアドバイスをしていたら、それを見ていた上司に頭の上の蠅を追えと言われてしまったよ。
  3. 頭の上の蠅を追えといってやりたいくらい、彼女は自分のことを差し置いて人の世話ばかりしている印象だ。
  4. 心配してくれているのはありがたいけれど、僕の事は良いから、まず頭の上の蠅を追えって感じだよ。
  5. 頭の上の蠅を追えと言われないように、まずは自分の身辺整理をしてから手伝いをしよう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事