【朝露が降りると晴れ】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【ことわざ】
朝露が降りると晴れ

【読み方】
あさつゆがおりるとはれ

【意味】
朝露は晴天のしるしであること。

【語源・由来】
高気圧圏内で良く晴れて風のない夜に放射冷却が生じ、朝露がおりることから。

【類義語】
・朝雨に傘いらず

【スポンサーリンク】

「朝露が降りると晴れ」の使い方

健太
庭の木に露が降りているよ。
ともこ
本当だ。朝露が降りると晴れというから晴れるわね。
健太
今日は晴れてほしかったからうれしいよ。
ともこ
傘がいらないと楽ね。

「朝露が降りると晴れ」の例文

  1. 朝露が降りると晴れというが、今日の芝生は乾いているから天気が怪しい。
  2. 朝露が降りると晴れと昔の人は経験でそう思ったのだろう。
  3. 朝露が降りると晴れというから、今日は農作業に集中することができそうだ。
  4. 朝露が降りると晴れとされるが、さっきゲリラ豪雨が降った。
  5. 朝露が降りると晴れと言うから傘はおいて行こう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ!ことわざ本




ことわざ・慣用句のLINEスタンプ発売中♪

「ことわざ・慣用句の百科事典」で使用している、当サイトのオリジナルイラスト素材が、LINEスタンプとしてついに発売開始されました。

意味を考えながらLINEスタンプを繰り返し使うことで、楽しくことわざや慣用句を覚えることができますよ♪