【悪貨は良貨を駆逐する】の意味と使い方の例文(語源由来・英語訳)

【ことわざ】
悪貨は良貨を駆逐する

【読み方】
あっかはりょうかをくちくする

【意味】
名目上同じ質の異なる貨幣がある場合、良貨はしまい込まれて市場から姿を消し、悪貨だけが流通するという「グレシャムの法則」のことで、比喩的に悪が栄えれば善が滅びるという意にも使われる。

「グレシャムの法則(グレシャムのほうそく)」は、金本位制の経済学の法則のひとつです。貨幣の額面価値と実質価値に乖離(かいり)が生じた場合、実質価値が高い貨幣が流通過程から駆逐され、実質価値が低い貨幣が流通するという法則です。つまり、額面価値が同じときに、金の含有量が多い貨幣があれば、人はそれを手元からできる限り離さないので、金の含有量が少ない質の悪い貨幣の流通する量が多くなるということです。

【語源・由来】
英国王財政顧問トーマス・グレシャムが、16世紀にエリザベス1世に対し進言した故事に由来します。19世紀、英経済学者ヘンリー・マクロードが自著で紹介し「グレシャムの法則」と命名しました。

【英語訳】
Bad money drives out good.

【スポンサーリンク】

「悪貨は良貨を駆逐する」の使い方

ともこ
学校でカードゲームしないで下さい。
健太
だって面白いよ。みんなやってるよ。
ともこ
学校は勉強するところ。悪貨は良貨を駆逐するのよ、下級生がまねするでしょ。
健太
そんなにいわなくても・・・。僕って悪貨か?

「悪貨は良貨を駆逐する」の例文

  1. ふるさとの良い風習もなくなって、だんだんと都会の生活と同じになってきた、我々にとってみれば悪貨は良貨を駆逐するだな。
  2. ちいさいことですが、整理整頓はしっかりとして下さい。我が社の製品は人命の直接関係します。悪貨は良貨を駆逐するといいます。悪貨は少ないうちに無くしましょう。
  3. 悪貨は良貨を駆逐するといいますが、この状況の場合はどちらが悪貨なのでしょうか。利益第一主義なのか成長第一主義なのか。
  4. 知らず知らずのうちに悪貨は良貨を駆逐する。人間に欲望があるかぎりは。

まとめ

そういわれるとお金とはなんでしょうか。古代の石や金本位制の時代は分かりやすかったように思います。現在は目に見えるのは紙幣が多く、主体は預金通帳にも記載される単なる数字、電子データです。ビットコインなどというネット上の通貨も出てきました。振り込め詐欺などでは電子的に多額のお金が一瞬にして盗られます。ことわざとは別になってしまいましたが、お金について考えてみるのも悪くないと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事