【上げ膳据え膳】の意味と使い方の例文(語源由来・英語訳)

【ことわざ】
上げ膳据え膳

【読み方】
あげぜんすえぜん

【意味】
全て人にやってもらい、自分ではなにもしないことのたとえ。
また、非常に優遇すること。

客のような顔をして、手伝いをしない人を批判したりからかったりするときにも使う。

【語源・由来】
食膳(しょくぜん、料理を乗せる膳のこと)を、食べる前に運んでもらい(据え膳)、食べ終わったあとには取り下げる(上げ膳)ことから、自分ではなにもせずにごちそうを食べることが由来。

【英語訳】
Oneself dose nothing,and it is to have an all person do it.


「上げ膳据え膳」の使い方

ともこ
健太くんは、夏休みはなにをしていたの?
健太
僕は家族で温泉旅行へ行ってきたんだ。
ともこ
それは良かったわね。楽しかった?
健太
お母さんは、上げ膳据え膳でとっても楽しかったと喜んでいたよ。

「上げ膳据え膳」の例文

  1. うちの嫁は泊まりにきても上げ膳据え膳で、手伝いもしないと隣の奥さんが話していた。
  2. 父はいつも上げ膳据え膳で、全てのことを母に任せっきりにしている。
  3. 私の姉は上げ膳据え膳が当たり前の生活をしているので、いつまで経っても家事ができるようにならない。
  4. たまに旅行すると、上げ膳据え膳でとても楽ができると母が喜んでいた。
  5. 彼はいつも上げ膳据え膳で暮らしていたから、一人暮らしを始めた頃はとても苦労したことだろう。
なにもせずに、もてなしてもらうときにも使う。

まとめ

家族のために毎日ご飯を用意することは、とても大変な仕事ではないでしょうか。
毎日家族や身近な人に、上げ膳据え膳をしてもらえることを当たり前のこととは思わずに、手伝ったり自分で行ったりすることも必要ではないでしょうか。
しかし、旅行など特別な場合には上げ膳据え膳で、心置きなく楽しむことも良いですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事