【悪法もまた法なり】の意味と使い方の例文(語源由来・英語訳)

【ことわざ】
悪法もまた法なり

【読み方】
あくほうもまたほうなり

【意味】
たとえ悪法であっても、廃止されるまでは法律として守らなければならないというたとえ。
悪いからといって、勝手に決まりを破っていいことにはならないという考え。

【語源・由来】
ギリシャの哲学者、ソクラテスの言葉が由来とされている。

ソクラテス(紀元前469年頃~紀元前399年4月27日)古代ギリシャの哲学者。
妻は悪妻として知られる、クサンティッペである。

【英語訳】
Bad law is also binding.

【スポンサーリンク】

「悪法もまた法なり」の使い方

健太
学校の決まりでも、こんなのひどいよ!
ともこ
毎日必ず5時間勉強するなんて、大変なことよね。
健太
そうだよ!遊ぶ時間なんてないじゃないか。
ともこ
悪法もまた法なりというけれど、これはあんまりよね。

「悪法もまた法なり」の例文

  1. 納得はできないが、悪法もまた法なりということか。
  2. こんなことが許されるなど信じられないけれど、悪法もまた法なりだ。
  3. 悪法もまた法なりといっても、君のいうことはあまりにも横暴だよ。
  4. 君には受け入れがたいことかもしれないが、悪法もまた法なりということだよ。
  5. 悪法もまた法なりとはいうけれど、これほど勝手なことが通用してしまうなんて信じられないことだ。
この時代のギリシャは死刑囚でも、賄賂を渡せば脱獄できたと考えられている。
罪に問われたソクラテスも、逃亡を進言されたが敢えて死罪を受け入れた。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事