【朝の一時は晩の二時に当たる】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【ことわざ】
朝の一時は晩の二時に当たる

【読み方】
あさのひとときはばんのふたときにあたる

【意味】
朝は仕事がはかどるので、夜に仕事をするよりも二倍も能率が上がるということ。

【語源・由来】
「一時」は昔の時間のはかり方で、現在の約二時間のこと。

【類義語】
・朝起き千両夜起き百両
・早起きは三文の徳
・朝起きは三文の徳


「朝の一時は晩の二時に当たる」の使い方

健太
今日から試験期間が始まるね。昨日は夜中まで勉強をしていたのに、単語一つ覚えることができなかったよ。
ともこ
朝の一時は晩の二時に当たる。夜中に四時間勉強をするくらいなら、朝二時間勉強をしたほうが良いのよ。
健太
へえ。そうかもしれないね。一生懸命覚えた単語が、頭からすり抜けてしまったんだもの。
ともこ
朝ご飯をしっかり食べて脳が活発化した今なら、覚えることが出来るかもしれないわよ。今からでも、超特急で勉強しましょう。

「朝の一時は晩の二時に当たる」の例文

  1. 朝の一時は晩の二時に当たる、朝働けば効率がいいし、電気代の節約にもなるよ。
  2. 夜おそくまで残業をするよりも、朝の一時は晩の二時に当たる、朝仕事をするようにしましょう。
  3. 夜中まで仕事をしても疲れがたまり、過労になるだけ、朝の一時は晩の二時に当たる、早起きして、朝のうちに仕事をしましょう。
  4. 朝の一時は晩の二時に当たる、朝日を浴びて、脳が活性化している午前中のうちに仕事をしよう。
  5. 早起きして勉強をしたら、授業中、とても集中できた、朝の一時は晩の二時に当たるとはよくいったものだ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事