【顎を撫でる】の意味と使い方の例文(慣用句)

【慣用句】
顎を撫でる

【読み方】
あごをなでる

【意味】
満足をしたときの仕草。得意になっている様子。


「顎を撫でる」の使い方

ともこ
あらあら、健太くん。顎を撫でながら笑顔で戻ってきたという事は、テストはいい感じの点数だったのね?
健太
まあね。今回は、がんばったからね。75点取れました!ともこちゃんは?
ともこ
私は99点よ。単位を書かなかったというケアレスミスで一点減点されてしまったわ。
健太
99点なのに、顎を撫でることもなく、残念がるなんて・・・。さすが、成績上位の常連なだけあるね。

「顎を撫でる」の例文

  1. 彼は、顎を撫でながら、将棋の盤面と相手を見比べていた。
  2. 人々が彼を称賛する声に、彼は、しきりに顎を撫でていた。
  3. オープンしたばかりの店の前に大行列ができていて、店長は、それを顎を撫でながら眺めていた。
  4. 自分の予想通りに、為替が動いたようで、彼は静かに顎を撫でながらにやりと笑っていた。
  5. コンクールの入賞者が発表され、優勝者として彼の名が呼ばれたとき、彼は顎を撫でながら登壇した。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事