【秋茄子は嫁に食わすな】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】
秋茄子は嫁に食わすな

【読み方】
あきなすはよめにくわすな

秋茄子は「あきなすび」と読む場合もある。

【意味】
秋にできるなすは美味しいから嫁には食べさせるなという、姑(しゅうとめ)から嫁への意地悪なことば。また、秋なすを食べると体が冷えて毒だから嫁には食べさせるなという、姑から嫁への思いやりのことばともいわれている。

【語源・由来】
姑が嫁をいびる意味と、大切にする意味と、反対の意味を持っているので、誤解を生まないように注意が必要。

【類義語】
・秋魳は嫁に食わすな(あきかますはよめにくわすな)
・秋鯖は嫁に食わすな(あきさばはよめにくわすな)
・五月蕨は嫁に食わすな(ごがつわらびはよめにくわすな)

【英語訳】
Don’t feed autumn eggplant to your wife(because they’re too delicios,because they’ll give her the chills,or because their lack of seeds will reduce fertility)

【スポンサーリンク】

「秋茄子は嫁に食わすな」の使い方

健太
おばあちゃんが、秋茄子は嫁に食わすなと言っていたんだ。
ともこ
そうなの?
健太
それを聞いて、お母さんは機嫌が悪くなったんだ。
ともこ
あらあら、それは大変ね。

「秋茄子は嫁に食わすな」の例文

  1. 秋茄子は嫁に食わすなというように、おいしいものを食べさせるのはもったいない。
  2. うちの嫁はとても優しくていい娘だから、秋茄子は嫁に食わすなと体を気遣うように伝えた。
  3. あれほど意地が悪い嫁には、秋茄子は嫁に食わすなというように、うまいものは食べさせないようにしている。
  4. 秋茄子は嫁に食わすなといいますが、なすがおいしい季節になりましたね。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事