「ことわざ・慣用句」のLINEスタンプ発売中♪

【嵐の後には凪がくる】の意味と使い方や例文(類義語)

嵐の後には凪がくる

【ことわざ】
嵐の後には凪がくる

【読み方】
あらしのあとにはなぎがくる

【意味】
今は苦境にあっても、いつか好転する時が来るということ。

「凪」は、風が全くやんで波が穏やかになること。
【類義語】
・石の上にも三年
・待てば海路の日和あり
・果報は寝て待て
・雨の後は上天気
【スポンサーリンク】

「嵐の後には凪がくる」の使い方

健太
苦しいなあ。楽になりたいな。
ともこ
嵐の後には凪がくるというわよ。慌てないで待っていれば幸運がやって来るわ。
健太
そういうものかな。
ともこ
そういうものよ。焦らず時機を待った方が良いわ。

「嵐の後には凪がくる」の例文

  1. 思い通りに行かなくても、嵐の後には凪がくるというから焦ることはない。
  2. 苦しいときは慌てることはない。嵐の後には凪がくるというから、その時を待てばいい。
  3. 嵐の後には凪がくると信じて、チャンスを待つ。
  4. 何とかなるさ。嵐の後には凪がくるというから大丈夫だ。
  5. 嵐の後には凪がくるというから、焦ってもがきあがく必要はない。

【2022年】おすすめ!ことわざ本




ことわざ・慣用句のLINEスタンプ発売中♪

「ことわざ・慣用句の百科事典」で使用している、当サイトのオリジナルイラスト素材が、LINEスタンプとしてついに発売開始されました。

意味を考えながらLINEスタンプを繰り返し使うことで、楽しくことわざや慣用句を覚えることができますよ♪