【朝ぎりは日中晴れ】の意味と使い方や例文(語源由来)

【ことわざ】
朝ぎりは日中晴れ

【読み方】
あさぎりはにっちゅうはれ

【意味】
その日一日晴天ということ。

【語源・由来】
夜、風が弱くよく晴れると、朝にかけて地面が冷え霧が生じることから。

【スポンサーリンク】

「朝ぎりは日中晴れ」の使い方

健太
ともこちゃん。外は霧で真っ白だよ。今日は雨になるのかな。
ともこ
朝ぎりは日中晴れというから、きっと晴れるわよ。
健太
今日は遠足だから晴れるといいなあ。
ともこ
もうしばらくしたらすっきり晴れるわよ。

「朝ぎりは日中晴れ」の例文

  1. 朝ぎりは日中晴れというから、洗濯物日和だ。
  2. 朝ぎりは日中晴れというが、本当に晴れるのか不安になる様な深い霧だ。
  3. 朝ぎりは日中晴れと言われるから、雨具はいらないだろうな。
  4. 朝ぎりは日中晴れというが、午後にはすっきり晴れた。
  5. 朝ぎりは日中晴れという、サンダルで外出しても大丈夫だろう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ!ことわざ本




ことわざ・慣用句のLINEスタンプ発売中♪

「ことわざ・慣用句の百科事典」で使用している、当サイトのオリジナルイラスト素材が、LINEスタンプとしてついに発売開始されました。

意味を考えながらLINEスタンプを繰り返し使うことで、楽しくことわざや慣用句を覚えることができますよ♪