【悪妻は百年の不作】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【ことわざ】
悪妻は百年の不作

【読み方】
あくさいはひゃくねんのふさく

【意味】
悪い妻を娶ると、一生の不幸であるというたとえ。
自分一人が苦労するだけでなく、子供や孫の代まで悪影響を及ぼす。
また、子供がいたり世間体があったりして離婚もできずにいた場合は、一生妻に苦しめられることになる。
結婚相手は慎重に選ぶ必要があるということ。

【語源・由来】
悪い妻は、百年の不作続きに匹敵するということが由来。

【類義語】
・悪妻は六十年の不作(あくさいはろくじゅうねんのふさく)
・女房の悪いは六十年の不作(にょうぼうのわるいはろくじゅうねんのふさく)

【英語訳】
An ill marriage is a spring of ill fortune.

【スポンサーリンク】

「悪妻は百年の不作」の使い方

健太
僕は結婚相手はじっくり選ぼうと思っているんだ。
ともこ
そうなの?
健太
悪妻は百年の不作というだろう。
優しくて、可愛くて、よく働いて、あとは…。
ともこ
あらあら、大変ね。がんばって探してね。

「悪妻は百年の不作」の例文

  1. 悪妻は百年の不作というのだから、結婚相手はしっかり選ぶ必要があるよ。
  2. まだ付き合い始めて日が浅いというから、結婚を考えるには早いのではないかな。悪妻は百年の不作というだろう。慎重に決めるべきだよ。
  3. 悪妻は百年の不作というけれど、お隣の奥さんは家事はすべて旦那さんにさせているらしい。
  4. 近所でも、あの家は悪妻は百年の不作というようなものだと有名だ。奥さんが大変な浪費家らしく、いつも高級品を身に付けている。
  5. 若気の至りというようなことで、結婚を決めてはいけないよ。悪妻は百年の不作ということになってしまう。

まとめ

結婚には、幸せを求めるのではないでしょうか。
困難なことが起こった場合にも、協力して解決することが大切ではないでしょうか。
しかし、悪妻は百年の不作ということになってしまっては、とても苦労をするのではないでしょうか。
そのようなことにならないように、結婚は慎重に考えたいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事