「ことわざ・慣用句」のLINEスタンプ発売中♪

【頭剃るより心を剃れ】の意味と使い方や例文(類義語)

頭剃るより心を剃れ

【ことわざ】
頭剃るより心を剃れ

【読み方】
あたまそるよりこころをそれ

「頭」は「かしら」とも読む。
【意味】
頭を剃って姿だけ僧になるより、清らかな精神で仏道に精進すべきという意から、外見よりも精神の方が重要だということ。

【類義語】
・衣を染めんより心を染めよ
・袈裟と衣は心に着よ

【スポンサーリンク】

「頭剃るより心を剃れ」の使い方

ともこ
健太くん。丸坊主にしたの?
健太
反省の意を表明しようと思ったんだ。
ともこ
頭剃るより心を剃れというわよ。丸坊主にするだけじゃなく、心からの改心をみせないとだめよ。
健太
分かっているよ。これから、態度と行動で示していくよ。

「頭剃るより心を剃れ」の例文

  1. 形から入ってもだめなんだよ。頭剃るより心を剃れというという。
  2. 心構えが一番大事。頭剃るより心を剃れというだろう。
  3. 茶髪を黒髪にするだけじゃ駄目だ。頭剃るより心を剃れ
  4. 頭剃るより心を剃れというが、心の在り方が肝心だ。
  5. リクルートスーツを着てビシッと決めても、頭剃るより心を剃れという。社会人としての心構えができていないと採用担当者に見抜かれる。

【2022年】おすすめ!ことわざ本




ことわざ・慣用句のLINEスタンプ発売中♪

「ことわざ・慣用句の百科事典」で使用している、当サイトのオリジナルイラスト素材が、LINEスタンプとしてついに発売開始されました。

意味を考えながらLINEスタンプを繰り返し使うことで、楽しくことわざや慣用句を覚えることができますよ♪