【危ない橋を渡る】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【ことわざ】
危ない橋を渡る

【読み方】
あぶないはしをわたる

【意味】
危険だと分かっていて、あえて実行することをたとえている。

【語源・由来】
今にも腐り落ちそうな吊り橋を、危険だと知りながらあえて渡ることから転じてきている。

【類義語】
・剣の刃を渡る
・危ない枝に上がらねば熟柿は食えぬ
・枝先に行かねば熟柿は食えぬ
・虎穴に入らずんば虎子をえず
・危ない橋も一度は渡れ
・危険な橋を渡る

【対義語】
・石橋を叩いて渡る
・石橋に鉄の杖
・念には念を入れよ
・浅き川も深く渡れ
・転ばぬ先の杖

【英語訳】
・stick one’s neck out.
・Skating on thin ice
・go out on a limb


「危ない橋を渡る」の使い方

ともこ
明日は期末テストだけど、試験勉強ちゃんとした?
健太
うん!僕の華麗なる推理に基づいた計算のもとヤマを張って勉強したから問題ないよ!
ともこ
健太君って一番数学苦手なのに、なんでそんな危ない橋を渡るようなことをするの?
健太
ともこちゃんそんなこと言わないでよ。

「危ない橋を渡る」の例文

  1. 意味もなく危険だと分かりながら、あえて危ない橋を渡る人は愚かである。
  2. あいつは金に対して貪欲だから、金のためなら危ない橋を渡ることもいとわない。
  3. もし借金を抱えたとしても危ない橋を渡ることだけはしたくない。
  4. この年になるまで、いくつもの危ない橋を渡ってきた。
  5. 若い時に出来心で危ない橋を渡ってきたが、今思えば若気の至りである。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事