【朝に紅顔有りて夕べには白骨と為る】の意味と使い方の例文

【ことわざ】
朝に紅顔有りて夕べには白骨と為る

【読み方】
あしたにこうがんありてゆうべにははっこつとなる

【意味】
元気のよい紅顔の少年が、不意に死んで骨になってしまうくらい、人生は無常で、人の生死は全く予想も出来ないということ。「紅顔」は年若い者の血色のよい顔。

【語源・由来】
蓮如上人(真宗本願寺・中興の名僧)が『御文章』五帖目で、信者たちにわかりやすく真宗の教義を述べた名文句の一節で、「白骨の御文
章」として名高い。『和漢朗詠集』下、藤原義孝の詩句「朝に紅顔あって世路に誇れども、夕べに白骨となって郊原に朽ちぬ」から引用された。

【類義語】
昨日の淵は今日の瀬(きのうのふちはきょうのせ)


「朝に紅顔有りて夕べには白骨と為る」の使い方

ともこ
健太くん。また宿題をさぼったの?
健太
えへへ。朝に紅顔有りて夕べには白骨と為るっていうでしょう?だから今という時を大事に遊ばないとね。
ともこ
朝に紅顔有りて夕べには白骨と為るっていうからこそ、一瞬を大事に精進しないと、今日健太くんが死んだら、遊んでばかりの怠け者だったわねって後世まで言われるかもしれないわよ。
健太
それは嫌だな。

「朝に紅顔有りて夕べには白骨と為る」の例文

  1. 朝に紅顔有りて夕べには白骨と為るというように、明日のことはわからないから約束できないよ。
  2. 朝に紅顔有りて夕べには白骨と為るというように、人の人生は儚い。
  3. 朝に紅顔有りて夕べには白骨と為るというように、どれだけお金持ちになっても、人生は無常だ。
  4. 朝に紅顔有りて夕べには白骨と為るというけれど、あの元気な子が亡くなるなんて。
  5. 朝に紅顔有りて夕べには白骨と為るというように、明日死んでも後悔が無いくらいな生き方をしなさい。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事